最新情報

お申込みフォームへ
あの元日本代表がサッカークリニックの講師にやってくる!

サッカークリニック講師プロフィール あの元日本代表がサッカークリニックの講師でやってくる!

金田喜稔

金田喜稔 かねだのぶとし 1958年 広島県出身

日産自動車(現横浜マリノス)で木村和司、水沼貴史、柱谷幸一、松永成立、長谷川健太、井原正巳らとともに国内タイトル7冠獲得に貢献。変幻自在のドリブルを得意とし、「キンタダンス」と呼ばれる独特なフェイントで世界の選手を驚愕させた。また、日本代表として19歳でデビューし、154試合(国際Aマッチ58試合)に出場。日本代表歴代最年少得点記録保持者でもある。日本代表ではペレ、マラドーナら世界のスーパースターとの対戦経験を持つ。現在は日本サッカー名蹴会会長としてサッカーの指導・普及にあたっている。

三浦淳寛

三浦淳寛 みうらあつひろ 1974年 大分県

高校時代は長崎県立国見高等学校で名監督・小嶺忠敏氏に師事し、全国高校選手権で2度の優勝を果たす。1994年に横浜フリューゲルス(現横浜・F・マリノス)に入団、GK以外はどのポジションもこなす“ユーティリティープレーヤー”として頭角を表す。同チームにとって合併前最後の天皇杯を優勝に導き、また東京ヴェルディ時代には、JリーグオールスターサッカーMIPに輝く。FK(特に無回転FK)の名手として名を馳せ、フリーキック直接ゴール数はリーグ単独1位となる。2000年のシドニーオリンピックでは日本代表に選抜され、ベスト16進出に貢献した。

中田浩二

中田浩二 なかたこうじ 1979年 滋賀県出身

帝京高校卒業後、98年に鹿島アントラーズへ加入。05年には欧州に渡り、フランスの名門マルセイユ、スイスの強豪バーゼルでプレーした。08年7月に鹿島へ復帰すると、同年と翌年のリーグ優勝に貢献。14年シーズンをもって現役を退いたが、15年2月に鹿島アントラーズC.R.Oに就任し、クラブとステークホルダーをつなぐ役割を担う。また、日本代表としても各世代で活躍し、A代表では通算 57試合2得点を記録。02年日韓大会、06年ドイツ大会と、ワールドカップでも2大会連続出場経験を持つ。

当日のプログラム内容(予定)
詳細は事務局担当者より後日、当選された方にご案内させて頂きます。
サッカークリニック参加者はユニフォームまたは運動に適した上下、サッカーシューズ、タオル、水筒、各自サッカーボールをご持参ください。
参加者及びそのご家族(見学の方含む)は昼食をご持参ください。
雨天の際は、プログラムが変更になる場合がありますので予めご了承ください。
天候によるイベント開催有無の情報は、開催日当日6:00までにHPの最新情報にアップいたしますのでご確認ください。
一般メディアの取材が入り、新聞、テレビ、雑誌、インターネット等で紹介される場合がありますので予めご了承ください。
トップページへ戻る
ページのTOPへ